ターボファンとシロッコファンは同じ?その違いとは

送風機や換気扇などの主なパーツとして使用されるターボファンとシロッコファンですが、どちらもファンを回転させることによって生み出される遠心力を利用している輻流送風機のことです。空気を送り出す仕組みとしては、遠心力によってファンの中心部分にある空気がファンの外側へ押し出され、そこへ新たな空気が入り込むことで空気の流れを作り出します。 どちらも空気を送り出す力を発生させる原理は同じということになりますが、この両者の違いというのはファンの構造にあります。シロッコファンの特徴は、ターボファンと比較するとファンを囲むように設置するスクロールケーシングが必要になります。また、羽根の形状にも違いがあり、1枚1枚の羽根が短く、枚数が多くなっています。回転方向に対する羽根出口の角度も異なります。

構造の違いによる特徴

先述のような構造の違いから、同じ大きさのターボファンと比べると空気排出の効率が比較的悪く、作動時の騒音も大きなものとなってしまうという欠点があります。しかしその半面で、それらの欠点を補うほどのメリットももちろん持ち合わせており、高い風圧と大きな風量を得ることができるという特徴を持っています。このような特徴を生かし、小型にしなければならない場所に設置をしたり、高い風圧や風量を必要とする場所へ使用されています。 また、それぞれの設置場所や使用目的などによって、より適した構造があります。例えば、工場などで使用する場合には温度が著しく高かったり、高速回転が求められるなど、劣悪な環境下で使用するという場合もあるでしょう。そのような場所にも耐えうる堅牢な造りのものが求められます。

どのような場所で使用される?主な使用用途

シロッコファンは、空気の流れを制御する機械には大抵利用されているといっても過言ではありません。身近なところでは、エアコンなどの一般空調設備にも利用されていますが、その他によく利用されている場面としては、工場が挙げられます。食品製造工場などでの冷蔵・及び冷凍倉庫の空調管理であったり、半導体や精密な電子部品の製造工程などにも利用されます。その他にも、科学実験などで使用される恒温槽と呼ばれる一定の温度を長時間保持する機器や、クリーンルームなどに使われる場合もあります。 また、薬品などによる腐食のリスクが考えられる環境で使用されることもあり、この場合は耐蝕性の高い樹脂製のファンを利用することもあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加