レンジフードにはターボファンが使用されている?

レンジフードとは、いわゆるキッチンに設置されている換気扇のことです。この換気扇の形状や、住宅環境によって使用できるファンの形状も異なります。最近のスタンダードとなりつつある人気の薄型タイプやフラットタイプのレンジフードには、ターボファンが使用されています。このターボファンは排気効率がとても高く、ダクトを通して排気を行うため、キッチンの形状を問わずどんな場所にも設置できるというメリットがあります。 この他にもキッチンの換気扇に使用されるファンの形状には、シロッコファンやプロペラファンがあります。その特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。

シロッコファンとプロペラファンの特徴

外部の風の影響を受けにくく、安定した排気量を確保できるシロッコファンの換気扇は、高層階のマンションやアパートに向いています。ダクトによって排気を行い、自由な向きで取り付けることができるため、コンロ部分が壁面に接していない場合でも利用できます。ブーツ型と呼ばれる深型タイプや、スリムタイプと相性が良く、ターボファンより価格も安いため、現在の流通量は1番多いとされています。しかし、シロッコファンは羽根の枚数が非常に多く、お手入れがしにくいというデメリットがあります。 扇風機の羽根に似た形状を持つプロペラファンの換気扇は、一戸建てや少し古い住宅によくみられるタイプの換気扇です。羽根の枚数が少なく構造も非常にシンプルで、安価に設置できることや風量が多いことが大きなメリットですが、空気を外へ押し出す力が弱く、ダクトを通しての排気ができないため外壁に直接取り付ける必要があります。そのため、コンロが外壁面に接していなければならず、設置できる場所が限られるというデメリットがあります。

キッチンの形状に合わせたレンジフードの選び方

現在の住宅では、壁面に面したクローズドキッチンの他に、対面キッチンやアイランドキッチンなどリビングに面したキッチンに人気が出ています。このキッチンの形状によって適した換気扇やフードの選び方が異なります。キッチンの形状別にその選び方をご紹介します。 キッチンが全て壁面に面しているクローズドキッチンや、対面キッチンの中でもL字型キッチンでコンロ部分が壁面に面しているキッチンの場合は、壁面取り付けタイプのフードが良いでしょう。一戸建てで外壁に面して取り付ける場合は、ブーツ型と呼ばれる深型フードを取り付け、プロペラファンの換気扇も使用できます。 対面キッチンの場合は横壁面取り付けタイプを、キッチンが壁などに全く接していないアイランドキッチンの場合は天井取り付けタイプを選びます。いずれの場合もリビングからフードが見えやすいため、リビングのデザインと調和するタイプのものを選ぶことをおすすめします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加